どっちが先?筋トレ・有酸素運動・プロテインの順番について

筋トレと有酸素運動を同じ日にやる場合、どっちを先にするか迷ってしまうかも知れません。さらに、プロテインの摂取タイミングにも困ってしまうでしょう。それぞれの正しい順番について解説します。

 

筋トレと有酸素運動のどっちが先?

筋トレと有酸素運動の順番ですが、先に筋トレをするようにしましょう。筋トレにより脂肪が燃焼しやすい状態になるので、有酸素運動の効率がアップします。先に有酸素運動を行ってしまうと、筋トレで分泌される成長ホルモンの量が少なくなってしまいます。

 

ウォーミングアップとして有酸素運動を行うのであればせいぜい5分程度に留め、せっかくの筋トレで得られる効果を減らさないように気をつけましょう。

 

プロテインを摂取するタイミングと順番について

筋トレ直後の摂取がベストであるプロテイン。理想を言えば【筋トレ⇒プロテイン⇒有酸素運動】の順番が望ましいでしょう。ただし、有酸素運動の時間や種類によってもこの順番は変えてしまって大丈夫です。

 

すなわち、ランニングなどのプロテイン摂取直後にやりにくい有酸素運動を行う場合。また有酸素運動が30分以内である場合。そのような時は【筋トレ⇒有酸素運動⇒プロテイン】という順番でも問題ないでしょう。

 

有酸素運動が長時間に渡る場合は筋トレ後にプロテインを摂取し、少し休んでから有酸素運動に取り組んでも良いと思います。どうしても筋トレ直後にプロテインを飲みたいのであれば、エアロバイクなどの胃腸に負担がかからない有酸素運動を採用しましょう。

 

筋トレを先に行い、その後に有酸素運動を行うという原則を守っていれば、プロテインの摂取タイミングに関してはそこまで神経質にならなくて良いのではと思うのが本音です。無理なく継続できるタイミング・順番でプロテインを飲んでみて下さい。

 

筋トレと有酸素運動で健康に

筋トレと有酸素運動を組み合わせると非常にメリットがあります。筋トレは無酸素運動といって一瞬で力を発揮する運動なので、筋肥大に効果的です。

 

また成長ホルモンの分泌が活性化されるので、肌や内臓の機能向上にも効果を発揮します。有酸素運動を成長ホルモンが活性化しているときに行うと脂肪の燃焼効果がより高まるので一石二鳥になります。

 

運動に時間を掛けるのも面倒だし、特に太ってるわけでもないし、筋肉をつけたいわけでもないので運動しなくていいやと考える人は多いです。しかし、実際人間には運動が不可欠で、それは原始時代から案外変わっていないことです。そういうことなので、ぜひ習慣化して、自分の健康を守る意識が重要になります。

 

筋トレと有酸素運動を行っていればたいがいの病気にかかりにくくなるのではと思います。免疫力が向上して風邪をひきにくくなりますしね。当記事で紹介した正しいタイミングで運動を行い、健康とダイエットを実現しましょう。

 

このサイトで紹介されているようなHMBサプリは、筋トレの前後に飲むのが推奨されています。

 

HMBアルティメイト.com